脱毛ラボは剃毛・シェービングは料金がかかるの?見落としがちな費用を事前に確認

脱毛サロンで脱毛をするのに、自宅でシェービングをしていくの?と最初は疑問に思う部分があるかもしれません。
しかし光脱毛、レーザー脱毛では、基本的に施術の前日や当日に、電気シェーバーなどでムダ毛を剃っていく必要があります。

 

サロンで行う光脱毛の効果を最大限にするためには必要なことです。

シェービングしていない部分は、施術ができませんので、あらかじめ施術部分の毛を処理していくのが基本です。
でも、毛抜きでのお手入れは厳禁で、あくまでも毛が皮膚の上に出ている部分を処理していくのです。

 

もちろん、自分で処理できる部分は自分で行えると思います。
しかし、背中などの手の届かない部分は、家族などに手伝って貰ってもいいのですが、どうしても完璧にはシェービングできない部分はあります。
また、施術に適さないレベルで産毛などが残っていることが多いです。

 

そのため、だいたいの脱毛サロンでは、施術前にサロンでのシェービングをお願いすることになります。

脱毛ラボでのシェービング料金

  • 脱毛ラボでは、全身1000円
  • VIO込みなら1500円

でシェービングしてくれます。

 

どうせ事前にシェービングしていっても、結局はお金をとられるのなら、最初からすべてお任せにしてしまったほうがいいかな、と思われるかもしれません。
ただし、もしすべてを施術担当者の手に任せるとなると、手間もかかりますし、その分効率よい施術ができなくなります。

 

あらかじめおおまかな部分処理してあるのと、まったく処理していないのでは、シェービングの手間も時間も全く違ったものになります。
たとえ別料金が取られても、ある程度剃っていくと、施術時間が短く、簡単な事前シェービングで済むので、そのほうがお互いにとってメリットがあるのです。

 

軽く仕上げのシェービングをしてもらい、すぐに光脱毛で照射を始めれば、全身脱毛でも1時間弱くらいですべての光照射が完了します。
施術を受ける側とはいっても、施術時間が長くなると、ストレスも溜りますし、なによりも無防備な姿でずっとすごさなければなりません。

 

脱毛サロンでは、なるべく時間を短く、すぐに施術を終わらせる為には、施術者の腕だけではなく、施術を受ける側の協力も不可欠なものなのです。

自分でシェービングする時のコツとは?安全で正しい方法について

ムダ毛を自己処理される方は、肌を傷めないように十分に注意する必要があります。
そこで、安全で正しく行うために、シェービングを行う際のコツなどを紹介しますので、参考にしてください。

シェービングする際のポイント

安全で綺麗にシェービングするコツは、まずお風呂に入り、処理したい部分を清潔な状態にします。
さらに入浴は角質やムダ毛に水分を与える意味もあり、カミソリの抵抗が減少するため、剃りやすくなるのです。

 

そして蒸しタオルを用意し、剃る場所に当てます。
そうすると、毛穴が開いてくれるほか、ムダ毛が柔らかくなるために剃りやすくなります

 

シェービングするときは専用のクリームを満遍なく塗り、ムダ毛の生えている方向を確認します。
逆剃りをすると肌を傷めたり、剃った毛の断面が悪くなるため、純剃りするための確認を行います。
剃り終わりは肌に化粧水などをつけ、保湿などのケアを充分に行う事をおすすめします。

背中や自分では手が届きづらい所はどうする?

背中やVIOラインなど、自分の手が届きづらい箇所を処理したい方もいると思います。
VIOラインであれば何とか出来るにしても、剃り方によっては肌を傷めたり、怪我をしたりする恐れがあるため、充分な注意が必要です。

 

背中に関しては目で見えない位置なので特にトラブルの元となります。
背中は友人にやってもらうでも良いですが、基本的にはご自身で手の届かない箇所に関しては脱毛を行うのが望ましいです。

 

脱毛であれば専門のスタッフが施術を行ってくれるため、怪我や肌を痛めるリスクが低くなります。

 

また、毛の再生率が低下するため、定期的に自己処理をする必要性がなくなるというのも、今後の事を考慮すると快適になるでしょう。

 

自己処理で肌を綺麗にしておきたい、他人にムダ毛を見られたくないという方は多いと思います。
自分で行うのであれば適切な方法で行っていくというのも大切ですし、時には無理せず、脱毛してしまうのも一つの選択肢と言えるでしょう。